教師として環境教育にどのように取り組むか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数608
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人間が生きていく上で、自然と共存していくことは非常に大切なことである。高度経済成長を終え、環境破壊のピークは過ぎたと言えるかもしれないが、まだ保全のための活動は十分ではないと考える。また、開発途上国では自然破壊、環境汚染が深刻な問題となっており、日本も間接的にその問題とかかわっている場面も見逃せない。教師として子どもたちに環境教育を行うことは、未来を考える上で無視できない。私は次の2つの視点を大切にし、環境教育を進めていきたい。
    第一に、自然体験活動の充実に努めたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教師として環境教育にどのように取り組むか
     人間が生きていく上で、自然と共存していくことは非常に大切なことである。高度経済成長を終え、環境破壊のピークは過ぎたと言えるかもしれないが、まだ保全のための活動は十分ではないと考える。また、開発途上国では自然破壊、環境汚染が深刻な問題となっており、日本も間接的にその問題とかかわっている場面も見逃せない。教師として子どもたちに環境教育を行うことは、未来を考える上で無視できない。私は次の2つの視点を大切にし、環境教育を進めていきたい。
     第一に、自然体験活動の充実に努めたい。「環境教育」というと堅苦しいイメージになりがちだが、まず自然を感じることで、身近に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。