教育相談のありかた

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数334
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     近年、臨床教育の必要性が重要視されているが、教師はカウンセリングの基本的な考え方や方法、知識などを踏まえた上で、教師として教師にしか出来ない臨床教育を行っていくべきである。教師が行う学校カウンセングは、その子にはその子なりの「心のテーマ」があり、それを一緒に探求し、その子の心の居場所を一緒に探すように進めるべきである。そのために教師は、日々一般的な技術や方法論などを学ぶとともに、学校内部やスクールカウンセラー・家庭・地域などとの連携を強化し、学校内外の生徒の生活全般に渡って密接な関係を築き、「その子なりの個性」を理解できるようにしなければならない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教師が行う教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について述べなさい。
    現代の子ども達は様々な悩みを持ち、複雑な思いを抱え生活している。近年、このような子ども達を学校現場では教育的な関わりのみでなく、臨床的(カウンセリング的)な関わりも重要視している。これが学校で行われるカウンセリング、つまり学校カウンセリングである。しかし、それを行う教師としては、専門的な知識や研修を受けた者は少なく、現実的には公務上掌上なっていたり教育相談に多少の興味をもっている人々である。しかし、子ども達の問題が複雑化している現代、よりよい生徒理解や援助の方法が必要になり、専門的な知識や研修の必要性が高まる。そこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。