コーポレート・ガバナンスについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数506
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.コーポレート・ガバナンス
    株主、顧客、従業員をはじめとする様々なステークホルダー(利害関係者)の価値の総体である企業価値の最大化を図るためには、コーポレート・ガバナンスの強化が重要であると認識し、経営の透明性と健全性の確保、スピードある意思決定と事業遂行の実現、アカウンタビリティ(説明責任)の明確化、迅速かつ適切で公平な情報開示を基本方針として、コーポレート・ガバナンスの強化に努める。それは、社会環境・法制度等の変化に応じて、当社にふさわしい仕組みを随時検討し、コーポレート・ガバナンスの更なる強化に向け、必要な見直しを行なっていく方針である。
    2.コーポレート・ガバナンス体制
    取締役会、監査役を中心として、企業にふさわしいコーポレート・ガバナンス体制を構築します。また、執行役員制を導入し、取締役から執行役員へ大幅な権限委譲を行うことにより、責任体制の明確化および迅速な意思決定と事業遂行を推進されます。また、社外取締役の導入、経営諮問委員会と報酬委員会の設置、監査における内部監査部門と監査役・会計監査人との連携等により、経営の透明性・健全性の向上に努めることも大切です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コーポレート・ガバナンスについて
    コーポレート・ガバナンス
    株主、顧客、従業員をはじめとする様々なステークホルダー(利害関係者)の価値の総体である企業価値の最大化を図るためには、コーポレート・ガバナンスの強化が重要であると認識し、経営の透明性と健全性の確保、スピードある意思決定と事業遂行の実現、アカウンタビリティ(説明責任)の明確化、迅速かつ適切で公平な情報開示を基本方針として、コーポレート・ガバナンスの強化に努める。それは、社会環境・法制度等の変化に応じて、当社にふさわしい仕組みを随時検討し、コーポレート・ガバナンスの更なる強化に向け、必要な見直しを行なっていく方針である。
    コーポレート・ガ..

    コメント2件

    task 購入
    good
    2007/05/19 4:01 (9年6ヶ月前)

    embrace 購入
    よかったです
    2007/07/19 12:30 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。