乳児保育の意義と配慮すべき点について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,339
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    近年、高度経済成長政策や急速な欧米化を進めてきた日本国内において様々な問題がでてきている。戦後初期くらいまでは一般的だった「男は仕事、女は家庭」とした日本に根強かった男尊女卑思想が成り立たなくなってきたのだ。労働資本として見出されるようになった女性をメディアや政府が取り上げて女性の社会進出を奨励するようになったのである。だが、何故だか知らないが、思想上、制度上の問題により、「男は仕事、女は仕事と家庭」の関係になってきてしまっているのである。それにより、女性の家庭への責任追及が激しくなり、特に育児に於いて、より激しくなってきたのである。また、仕事をしていなくても、今日での育児についての課題は沢山出てきている。例えば、育児のノウハウが全く分からない親の増加が挙げられる。これは、昔は当然あった近所づきあいによるコミュニティが減少し、自分と他人の境界線がとても深くなってしまったのだ。これは個人主義の中、家庭へのプライバシー意識が過剰なために起こったと考える。それにより、育児に行き詰った親が相談し、悩みを打ち明けようとしても誰もいないと言う状況ができてしまうことが多いのである。
    さて、ここで育児に行き詰まり、最も影響が出やすいのは誰だろうか?それは子どもをおいて他にはいない。また、母親にも悪影響がでてきて、このままだと悪循環のスパイラル状態になってしまうだろう。特に、物心がつく乳児期(0〜2歳児)に、適切な親子の信頼関係を築けなければ、将来になっても不安が色濃く残ってしまう。それを改善するために注目されてきたのが乳児保育である。中でも保育所では、集団育児による乳児保育の影響や育児に対する専門家として、ここ数十年程度で様々な研究結果がでてきて、親と子の両方からの建設的な援助が出来ると期待されているのだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     近年、高度経済成長政策や急速な欧米化を進めてきた日本国内において様々な問題がでてきている。戦後初期くらいまでは一般的だった「男は仕事、女は家庭」とした日本に根強かった男尊女卑思想が成り立たなくなってきたのだ。労働資本として見出されるようになった女性をメディアや政府が取り上げて女性の社会進出を奨励するようになったのである。だが、何故だか知らないが、思想上、制度上の問題により、「男は仕事、女は仕事と家庭」の関係になってきてしまっているのである。それにより、女性の家庭への責任追及が激しくなり、特に育児に於いて、より激しくなってきたのである。また、仕事をしていなくても、今日での育児についての課題は沢山出てきている。例えば、育児のノウハウが全く分からない親の増加が挙げられる。これは、昔は当然あった近所づきあいによるコミュニティが減少し、自分と他人の境界線がとても深くなってしまったのだ。これは個人主義の中、家庭へのプライバシー意識が過剰なために起こったと考える。それにより、育児に行き詰った親が相談し、悩みを打ち明けようとしても誰もいないと言う状況ができてしまうことが多いのである。
     さて、ここで..

    コメント3件

    yamakame1010 購入
    とても参考になった
    2007/02/14 9:06 (9年10ヶ月前)

    wakana0815 購入
    参考になりました
    2007/07/01 11:56 (9年5ヶ月前)

    silverdesk12 購入
    参考になりました。
    2007/07/20 23:41 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。