「教科」を置かない幼児教育と学校教育の違いについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,174
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     教育課程は、教科カリキュラムと経験カリキュラムに分けられる。教科カリキュラムとは、教師が中心になって教材を用いて知的・技術的側面を伝達する教育である。また、経験カリキュラムは、あらゆる種類の生活経験を教材として摂取する活動の体系である。生活中心カリキュラムとも呼ばれる。
     さて、学校教育法の中で、第77条の中で幼稚園教育とは、「適当な環境を与えて、その心身の発達を助長すること」と、書かれている。小学校以上の教育は、授業で学習することがほとんどである。つまり、教科カリキュラムに重きを置いている。それは、各教科を中心に一定の「知識・技能・態度」を習得することが目指されているから、また年齢の上昇と..

    コメント1件

    mikuni3 購入
    参考になりました。
    2006/12/12 15:31 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。