障害を持つ子供たちが抱える制度的な問題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数322
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    障害を持っていない人たちの多くは、当たり前のように普通校に通う。そこでは計算や文字の読み書きなどといった基礎的な学力を身につけるだけではなく、多くの人と出会うことによって他者との関係性の構築をも学ぶことができる。しかし、多くの障害者たちは非障害者たちと同じ形で学校生活を送ることができていない。彼らは主として特殊教育諸学校で教育を受けている。
    今日の盲・聾および養護学校では教育課程において特例が認められており、それは知的障害養護学校においても例外ではない。具体的には、当該学年より前の学年の教科書の使用が可能であるということや実生活に必要な課題を克服するための領域・教科を合わせた指導および自立活動の編成が認められているということなどが挙げられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害を持つ子供たちが抱える制度的な問題について
    障害を持っていない人たちの多くは、当たり前のように普通校に通う。そこでは計算や文字の読み書きなどといった基礎的な学力を身につけるだけではなく、多くの人と出会うことによって他者との関係性の構築をも学ぶことができる。しかし、多くの障害者たちは非障害者たちと同じ形で学校生活を送ることができていない。彼らは主として特殊教育諸学校で教育を受けている。
    今日の盲・聾および養護学校では教育課程において特例が認められており、それは知的障害養護学校においても例外ではない。具体的には、当該学年より前の学年の教科書の使用が可能であるということや実生活に必要な課題を克服..

    コメント1件

    あぃき 購入
    参考になりました
    2007/01/15 23:17 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。