現代社会論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数671
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今や現代において、働くということが世間一般にとって当然のことと認識されている。国民の3大義務のうちの1つである納税の義務は働くということをそのまま意味している。そして、働いて賃金を得るということの意義は物やサービスを買う消費になり、生産の流れを生み出す。また、税金を支払うことで国民全員が共有出来る公共サービスにも役立てる。だが、私が思う最大の意義は「人たるに値する生活」(生存権)(第一条)を保障することにあると思う。人たるに値する生活を保障する事は、つまり人間が人間らしく暮らせる基本的人権を尊重し、現在問われているアイデンティティをも尊重しているのではないかと考える。
     それ以外に働く理由は、自分や家族としての役割を果たすためだも言えるが、多様化した社会では相互扶助の関係も崩れつつあり、精神的にも年齢的にも自立した子供が自立せずに親に甘えきった生活をしている事もよくみられると思う。そこには、上記の記述以前に働かなくても生きていけるという考えが強まったからだと思う。精神的や年齢的に自立している子供を甘やかし親に頼りきっている親子の姿は相互扶助どころか、相互依存のようにも思えてくる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代社会論
     今や現代において、働くということが世間一般にとって当然のことと認識されている。国民の3大義務のうちの1つである納税の義務は働くということをそのまま意味している。そして、働いて賃金を得るということの意義は物やサービスを買う消費になり、生産の流れを生み出す。また、税金を支払うことで国民全員が共有出来る公共サービスにも役立てる。だが、私が思う最大の意義は「人たるに値する生活」(生存権)(第一条)を保障することにあると思う。人たるに値する生活を保障する事は、つまり人間が人間らしく暮らせる基本的人権を尊重し、現在問われているアイデンティティをも尊重しているのではないかと考える。
     それ以外に働く理由は、自分や家族としての役割を果たすためだも言えるが、多様化した社会では相互扶助の関係も崩れつつあり、精神的にも年齢的にも自立した子供が自立せずに親に甘えきった生活をしている事もよくみられると思う。そこには、上記の記述以前に働かなくても生きていけるという考えが強まったからだと思う。精神的や年齢的に自立している子供を甘やかし親に頼りきっている親子の姿は相互扶助どころか、相互依存のようにも思え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。