リトルウッドが提唱したコミュニケーション重視の教授法

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数916
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    リトルウッドが提唱したコミュニケーション重視の教授法について、教室での活動の分類にも触れて、論述しなさい。
    リトルウッド(W. Littlewood)は以下の四つの技能がコミュニケーション能力を構成すると述べた。
    ①意図したことを、自発的にしかも流暢に言語を使えるまでに言語体系を操る能力・技能。
    ②言語能力の一部として「習得した形式」とそれらを果たす「コミュニケーション機能」を区別する能力・技能。
    ③実際の場面で、効果的に意図を伝える言語能力。
    ④一般的に使用されている言語形式を使い、聞き手が不快に感じる形式を避けられる能力。
     すなわち、リトルウッドは言語能力のみならず、言語の機能..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。