運動学習におけるレミニッセンスの検証

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,214
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <目的>
    運動学習における集中練習と分散練習との効果を比較しレミニッセンスの有無を検討する。
    <方法>
    ・用意するもの ストップウォッチまたは時計、記録用紙、筆記用具
    ・実験手続き 実験者は被験者にカタカナの逆文字(正文字の180°回転したもの)をアから順番に1試行30秒(計15試行)でなるべく速く書いてもらう。そのとき被験者全員を集中群と分散群の2群に分ける。分散群には試行間に30秒間の休息を与え試行と休息を反復して15試行を行う。集中群には初めの10試行は休みなく連続的に練習させ、5分の休息を与えた後残りを分散法で練習させる。(休息中には練習させない)15試行の後両群の各試行を誤字も含めどれだけ書けたか調べる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    運動学習
    <目的>
    運動学習における集中練習と分散練習との効果を比較しレミニッセンスの有無を検討する。
    <方法>
    ・用意するもの ストップウォッチまたは時計、記録用紙、筆記用具
    ・実験手続き 実験者は被験者にカタカナの逆文字(正文字の180°回転したもの)をアから順番に1試行30秒(計15試行)でなるべく速く書いてもらう。そのとき被験者全員を集中群と分散群の2群に分ける。分散群には試行間に30秒間の休息を与え試行と休息を反復して15試行を行う。集中群には初めの10試行は休みなく連続的に練習させ、5分の休息を与えた後残りを分散法で練習させる。(休息中には練習させない)15試行の後両群の各試行を..

    コメント1件

    zerosum0 購入
    資料となる部分が少ない様に感じました。
    実験自体、想う結果が出なかったとしても、目的や方法、まとめ、考察等
    もう少し言葉が欲しかったです。
    2006/12/12 21:53 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。