系列位置効果(暗記学習)

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数2,038
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    実験手続き

    保持項数法 実験者は被験者に8枚の無意味綴の書かれたカード(以下カード)を2秒ずつ提示し覚えてもらう。その後提示されたカードをすべて思い出してもらい、実験者は被験者の思い出した音節を全部(正答、誤答にかかわらず)思い出した順序に記録する。30秒間経ったら思い出すのをやめさせ、今度はカードを提示する順番を変えて同様なテストを行う。このような手続きを被験者が全部の音節を1回で正しく思い出せるようになるまで続けるが、15回行っても全部を正しく思い出せない場合はそこで実験を打ち切る。このようにカードの提示順序にかまわず、どれだけの項目が覚えられたかを調べる。

    系列予言法 まず実験者は被験者に1系列8枚のカードを2秒ずつ提示し順序通り覚えてもらう。2回目以降同じカードを同じ順序で提示し、見せているカードの次のカードが何であったかを、次のカードが提示されるまでに次々と答えてもらう。実験者は被験者の思い出した音節を全部(正答、誤答にかかわらず)記録する。学習は被験者が1系列を全部正しく予言できるようになるまで続けるが、30回行っても全部を正しく予言できない場合はそこで実験を打ち切る。

    対連合法 まず実験者は被験者にアルファベットのカードと無意味綴のカードが対になった1系列のカード(8対計16枚)を2秒ずつ提示し対で覚えてもらう。次にアルファベットのカードを見せているときにその対の無意味綴のカードが何であったかを、次のカードが提示されるまでに次々と答えてもらう。実験者は被験者の思い出した音節を全部(正答、誤答にかかわらず)記録する。次の試行からはカードの順番を変えて予言してもらう。学習は被験者が1系列を全部正しく予言できるようになるまで続けるが、30回行っても全部を正しく予言できない場合はそこで実験を打ち切る。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    暗記学習
    <目的>
    言語学習実験において現在最も一般的に行われている方法についてその実験手続きを理解し、それぞれの方法の特徴を知ること。(配布プリントより抜粋)
    <方法>
    ・用意するもの ストップウォッチまたは時計、記録用紙
    無意味綴を記入した提示用リスト
    ・実験手続き
    保持項数法 実験者は被験者に8枚の無意味綴の書かれたカード(以下カード)を2秒ずつ提示し覚えてもらう。その後提示されたカードをすべて思い出してもらい、実験者は被験者の思い出した音節を全部(正答、誤答にかかわらず)思い出した順序に記録する。30秒間経ったら思い出すのをやめさせ、今度はカードを提示する順番を変えて同様なテストを行う。このような手続きを被験者が全部の音節を1回で正しく思い出せるようになるまで続けるが、15回行っても全部を正しく思い出せない場合はそこで実験を打ち切る。このようにカードの提示順序にかまわず、どれだけの項目が覚えられたかを調べる。
    系列予言法 まず実験者は被験者に1系列8枚のカードを2秒ずつ提示し順序通り覚えてもらう。2回目以降同じカードを同じ順序で提示し、見せているカードの次のカードが何であった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。