生物多様性と環境

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,089
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    今日、地球温暖化、酸性雨、オゾンホール等の環境問題が叫ばれているが、その環境問題の中のひ
    とつに生物多様性の減少がある。
    1992
    年にリオデジャネイロでの国連環境開発会議においても生
    物多様性条約が採択され、国際的にも関心が高いことがうかがえる。
    地球上には種々さまざまな生物が、多様な環境の下で生息している。池田
    (2004)
    によると、生物
    多様性とは通常は種数多様性のことであるが同種の個体にも個性があり、さらにそれらが一緒に
    生活する生物群集にもそれぞれの特徴があり、生物多様性は種数多様性だけに還元できるわけで
    はないらしい。また、生物の基本設定プラン自体の多様性(性生物多様性のなで
    あ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。