Raaaaaさん累積訪問者(39,901名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:52件

  • 免疫グロブリン
  • 抗体は B 細胞の産生する分子であり,抗原と結合する.すべての抗体分子は 4 本のポリ ペプチド鎖からなり,そのタンパクは免疫グロブリン( immunogloblin; Ig )と呼ばれる . 免疫グロブリンは,生化学的・機能的に 5 つ
  • 550 販売中 2009/09/28
  • 閲覧(1,161)
  • 法医学
  • 法医学( Legal medicine )とは,「医学的解明,助言を必要とする法律上の案件,事項 について,科学的で公正な医学的判断をくだすことによって,個人の基本的人権の擁護, 社会の安全,福祉の維持に寄与することを目的とする医学」の事である.殺人・
  • 550 販売中 2009/09/28
  • 閲覧(889)
  • 放射線腫瘍学
  • 現在,がんの治療は大きく3つの方法に分類され,手術療法,放射線療法,化学療法が 存在している.その中でも放射線治療は放射線を利用する治療法である.放射線とは,全 ての電磁波および粒子線のことをさす.代表的な放射線としては,X線(レントゲン線) の他にアル
  • 550 販売中 2009/09/28
  • 閲覧(800)
  • 病理学
  • 病理学とは,解剖組織学,生理学,生化学といった人体の正常状態についての知識をも とに,病原微生物学,免疫学などの知識を重ねて人体に起こった異常を認識し,その異常 の原因,肉眼的・組織学的特徴を明らかにし,それをもとに疾患の予後を判定する学問領 域である.
  • 550 販売中 2009/09/28
  • 閲覧(1,138)
  • 皮膚の構造と機能
  • ヒトの皮膚は表皮,真皮,皮下組織の 3 層から構成されている.大人のヒトの皮膚の面 積は約 1.6m 2 ,体重の約 16% にもなり人体で最大の臓器である.皮膚は微生物・外的刺激か ら生体を防御し,体温調節を行い,水分喪失・透過を防ぎ,感覚
  • 550 販売中 2009/09/28
  • 閲覧(2,099)
  • 脳内分泌
  • 脳下垂体は間脳の視床下部の先にある部位で,内分泌系の中枢的な役割を持つ器官であ る.その位置は脳の直下に存在し,脳の一部がぶら下がっているように見えることから脳 下垂体という名称で呼ばれている.内分泌器官である下垂体には血管が非常に発達してお り,分泌さ
  • 550 販売中 2009/09/28
  • 閲覧(1,100)
  • 脳腫瘍
  • すべての脊椎動物は共通した脳の基本構造を持っている.最も後端部は脊髄と脳との間 をつなぐ構造で,後脳とよばれる部分から派生し,小脳,橋,延髄を形成する.呼吸・循 環・排尿・嘔吐などの自立能を支配する場所であり,この部分の損傷は致命的である.小 脳は,大脳
  • 550 販売中 2009/09/28
  • 閲覧(648)
  • 動物実験
  • 実験動物とは科学上の目的に利用するために合目的に繁殖した動物である.これらの動 物は教育・試験・研究および材料採取などのために利用される(=動物実験).動物実験 は,ヒトでは行えない個体レベルの実験ができ,実験によって得られた知見はヒトにも適 用可能な事
  • 550 販売中 2009/09/28
  • 閲覧(1,337)
  • 中枢神経
  • 神経機能の基本は,外界からの刺激を受け入れ,それに応じた適切な行動をとることで ある.無脊椎動物では感覚入力を処理・統合し,運動出力を選択・遂行するために両者の 接点にニューロンが集中し,散在性の神経網に中枢化が起こる.この中枢化により神経節 ( ga
  • 550 販売中 2009/09/28
  • 閲覧(585)
  • 大量絶滅と進化
  • 地球は今からおよそ46億年前に誕生し、化学進化が起こった。高温の状態で大気は酸素がない 、 いわゆる嫌気状態であった。時々火山が噴火し、稲妻が発生して、高いエネルギーの存在を示す。こ こではまず二酸化炭素や窒素や水などの無機物から、アミノ酸などの低分子有
  • 550 販売中 2009/09/28
  • 閲覧(751)
  • 大脳
  • 大脳を外部構造から見ると左右に左半球と右半球があり,それぞれ,前頭葉,頭頂葉, 後頭葉,側頭葉に分けられ,前頭葉と側頭葉の間の内側に島が存在する.中心溝より前は 運動と行動の制御を,後ろは感覚と知覚情報の分析を司っているといえる.また,左右で みると,左
  • 550 販売中 2009/09/28
  • 閲覧(821)
  • 大腸がん
  • 腫瘍は遺伝子異常が背景となり,異常増殖,不死性の獲得を行っている.この腫瘍は正 常組織の細胞から発生している.この元になる正常組織は発生母地と呼ばれ,大きく上皮 と非上皮に分類が行われる.また,浸潤し転移する能力を持つ腫瘍を悪性腫瘍,転移しな い腫瘍を良
  • 550 販売中 2009/09/28
  • 閲覧(1,082)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?