神経系の発達

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数921
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     神経系は中枢神経系と末梢神経系から構成され,生体のホメオスタシスを維持している
    中枢神経系は,脳と脊髄からなる.末梢神経系は中枢神経系から伸びて身体の各部に達し
    ており,運動神経・知覚神経・自律神経の
    3
    種類からなる.運動神経は手足の筋肉を動か
    し,知覚神経は逆に抹消の感覚を中枢に伝える.自律神経はさらに交感神経と副交感神経
    に分類され消化器,心臓,血管などと拮抗的に働き,意志とは関係なく恒常性を保つ.
     また,神経系は神経細胞で構成されており,この神経細胞のことをニューロンという.
    人の脳は多くの神経細胞からなり,その
    10
    倍以上の細胞間連絡により神経回路網を形成
    し,高次の神経活動(意識,記憶,情動,心理的活動等)を行っている.典型的な神経細
    胞は,細胞体(
    cell body
    ),樹状突起(
    dendrite
    ),軸索(
    axon
    )からなる.細胞体は
    物質生合成の中心であり,一般の動物細胞体で見られるものと同様のオルガネラからなっ
    ているが,形態学的には他の細胞に比べて極端に長い.例えば,ヒトの脊髄から筋肉細胞
    まで伸びている運動神経細胞には
    1m
    にのる.はの細胞
    分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。