環境と医学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数203
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     環境医学とはさまざまな環境要因がヒトに与える影響を研究する分野である.(自然)
    環境問題もその環境要因のひとつである.
    今日,環境問題が語られる上で“環境ホルモン”という問題は語られずにはいられない

    環境ホルモンとは内分泌かく乱物質のことである.内分泌かく乱物質とは「生体内ホルモ
    ンの合成,分泌,体内輸送,結合,作用あるいは分解に介入することによって生態の恒常
    性の維持,生殖,発達あるいは行動に影響をあたえる外来物質」と定義される.
    シーアコルボーンら著の「奪われし未来」では野生生物の減少をもたらした最大の原因は
    外因性内分泌かく乱物質が後発的な生殖機能障害をもたらしたという仮説を提唱し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。