MRSA

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数192
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
    黄色ブドウ球菌は,ヒトや動物の皮膚,消化管内などの体表面に常在するグラム陽性球
    菌である.通常は無害であるが,皮膚の切創や刺創などに伴う化膿症や膿痂疹,毛嚢炎,
    セツ,癰,蜂巣炎などの皮膚軟部組織感染症から肺炎,腹膜炎,敗血症,髄膜炎などに至
    るまで様々な重症感染症の原因となる.一方,エンテロトキシンや
    TSST‐1
    などの毒素を
    産生するため,食中毒やトキシックショック症候群,腸炎などの原因菌ともなる.黄色ブ
    ドウ球菌は,
    1940
    年代に工業的に量産化に成功したペニシリン
    G
    に,な感受
    性を示し,化膿傷や肺炎などの治療に奏効した.しかし,一方,同じころペニシリナーゼ
    を産生するペニ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。