家電リサイクル法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数593
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ? 緒言
    今回私は日本における家電リサイクル法に関して調べてみた。その動機としてはもっとも我々の身近であると考えたからである。また、特に日本においてだと思うが、社会は不必要に物質が溢れている。大量生産、大量消費のシステムが完全に構成されてしまい、それに伴う大量投棄が行われ資源が無駄に消費され、自然環境にまで影響を与えている。
      今、世界は”Ecologically Sound and Sustainable Development”、日本語では「環境的にみて健全で持続可能な発展」というものを目指して動いているらしい。恐らく日本もそのような流れの中で2001年4月1日に「特定家庭用機器再商品化法」(以下家電リサイクル法)を試行したのであろう。大量生産、大量消費の中には当然家電は含まれるし、この恩恵はほぼ全ての国民が受けている。したがって、家電リサイクル法が効果的に働いている、もしくは将来的に可能性があるならばそれは自然と全国民が「持続開発な発展」協力していることになり、その達成への道しるべになると思う。
      これらの理由により今回は家電リサイクル法について調べてみようと思う。

    ? 家電リサイクル法の概要
       家電リサイクル法というからには内容も当然、家庭で使われる電化製品をリサイクルさせる法律であろう。
      実際環境省によると家電リサイクル法とは
    「この法律では、家庭用エアコン、テレビ、冷蔵庫及び洗濯機の家電4品目について、小売業者による引取り及び製造業者等(製造業者、輸入業者)による再商品化等(リサイクル)が義務付けられ、消費者(排出者)には、家電4品目を廃棄する際、収集運搬料金とリサイクル料金を支払うことなどをそれぞれの役割分担として定めています。」
    (環境省HPより引用)
    というものらしい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅰ 緒言
    今回私は日本における家電リサイクル法に関して調べてみた。その動機としてはもっとも我々の身近であると考えたからである。また、特に日本においてだと思うが、社会は不必要に物質が溢れている。大量生産、大量消費のシステムが完全に構成されてしまい、それに伴う大量投棄が行われ資源が無駄に消費され、自然環境にまで影響を与えている。
    今、世界は”Ecologically Sound and Sustainable Development”、日本語では「環境的にみて健全で持続可能な発展」というものを目指して動いているらしい。恐らく日本もそのような流れの中で2001年4月1日に「特定家庭用機器再商品化法」(以下家電リサイクル法)を試行したのであろう。大量生産、大量消費の中には当然家電は含まれるし、この恩恵はほぼ全ての国民が受けている。したがって、家電リサイクル法が効果的に働いている、もしくは将来的に可能性があるならばそれは自然と全国民が「持続開発な発展」協力していることになり、その達成への道しるべになると思う。
    これらの理由により今回は家電リサイクル法について調べてみようと思う。
    Ⅱ 家電リサイク..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。