現在の生活保護法の基本原理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数411
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法福祉日本社会文化健康生活法律障害者社会福祉士

    代表キーワード

    憲法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「現在の生活保護法の基本原理、種類、内容について述べよ。」
     日本国憲法は第25条において、「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と規定しているが、この憲法の規定する生存権の保障を国が実体的に具現するための一つとして規定されたのが生活保護法である。つまり、生活保護法は生存権の理念に基づくものである。また、権利だけでなく、これらの人々の自立の助長も背曲的に図っていくことも併せて目的としている。
     生活保護法の規定内容は、「基本原理」と呼ばれ、第5条において、「この法律の解釈及び運用は、すべてこの原理に基いてされなければならない」と規定されている。本法の根幹となる極めて重要なものである。
     基本原理は4つあり、国の守るべき事柄を定めた「国家責任による指定生活保障の原理」「無差別平等の原理」「健康で文化的な最低生活保障の原理」と、保護を受ける側に求められる「保護の補足性の原理」である。
     まず、「国家責任の原理」である。これは、生活に困窮する国民の最低限度の生活を保障するだけでなく、保護を受ける者がその能力に応じ、自立して社会生活を送ることができるように自立助長..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。