企業の投資と資金調達

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数687
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

                                    MB5030 城戸太郎
    資金調達方法としては、資本(自己資本)による調達と、負債(他人資本)による調達の2つに大別できます。資本による調達とは、株式の発行による調達を指します。また、負債による調達は、金融機関からの借入れ、コマーシャルペーパー(CP)や社債の発行による資金の調達を含みます。
    株式を発行して企業外部から資金を調達したり、企業の内部留保を調達原資として利用したりという自己資本調達の方法もあります。一般に企業は税引き後利益をすべて配当に回すことはなく、企業の内部に留保します。これが企業の資金調達の源泉になります。
    株式発行による資金調達方法は、株主割当増資、公募増資、第三者割当増資の大きく3つあります。株主割当増資とは既存の株主に持分比率に応じて新株引受権を与えて新しい株式を発行する方法です。公募増資とは一般に新株の申し込みを募集して資金調達を行う方法です。発行価格は市場価格に近いので時価発行増資とも呼ばれます。広く一般に対して募集するので巨額の資金調達が可能です。取引先や金融機関など第三者に引受権を与えて新株を

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

                                    MB5030 城戸太郎
    資金調達方法としては、資本(自己資本)による調達と、負債(他人資本)による調達の2つに大別できます。資本による調達とは、株式の発行による調達を指します。また、負債による調達は、金融機関からの借入れ、コマーシャルペーパー(CP)や社債の発行による資金の調達を含みます。
    株式を発行して企業外部から資金を調達したり、企業の内部留保を調達原資として利用したりという自己資本調達の方法もあります。一般に企業は税引き後利益をすべて配当に回すことはなく、企業の内部に留保します。これが企業の資金調達の源泉になります。
    株式発行による資金調達方法は、株主割当増資、公募増資、第三者割当増資の大きく3つあります。株主割当増資とは既存の株主に持分比率に応じて新株引受権を与えて新しい株式を発行する方法です。公募増資とは一般に新株の申し込みを募集して資金調達を行う方法です。発行価格は市場価格に近いので時価発行増資とも呼ばれます。広く一般に対して募集するので巨額の資金調達が可能です。取引先や金融機関など第三者に引受権を与えて新株を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。