倫理学

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数589
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    倫理学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「幸福と理性の関係について述べよ。」
    幸福とは、何か。ある人が感じる「しあわせ」は、他の人には必ずしも「しあわせ」と、感じられるものとはいえない。人によってさまざまな捉え方、感じ方があるからである。だが、多くの人々は、自分にとって良いことを幸福と感じ、また、自分の欲求が満たされた状態を、幸福と感じるのである。
    アリストテレスによると、人間の営為にはすべて目的があり、それらの目的の最上位には、それ自身が目的である最高善があるとした。
    アリストテレスは、人間にとって最高善とは、幸福のことであると考えた。幸福とは、快楽を得ることだけでなく、人間の魂の固有の形相である「理性」を発展させることが、人間の幸福であると説いた。
    また、人間の可能性とは、快楽を得ることだけではなく、「理性」を発展させることであって、これが人間の魂に固有な形相なのだとも説いた。
    つまり、「理性」という可能性を花開かせることが、人間の幸福ということである。
    そして、中庸(度を過ぎないこと)を守ることだと、主張した。たとえば、臆病と無謀の中庸に勇気があり、けちと浪費の中庸に気前の良さがある、ということである。
    このように、ア..

    コメント1件

    mika0316 販売
    A評価のレポートです。
    2008/10/05 17:09 (8年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。