「臨床心理士など学校外のスクーリングカウンセラーが行なう学校カウンセリングの意義と効用等についてまと

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数422
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今日学校では、「不登校児の増加」、「いじめの問題」、「非行などの問題行動」などの、悩みを抱えている。個々に悩みを抱えている子供達も年々増えつづけ、その問題も複雑化してきている。そうしたことから、問題行動などに対して、教師だけでは解決しきれなくなっている現状がある。
    そこで、「臨床心理士」などカウンセリングの専門的な知識を持った人がこれらの問題に取り組む、「スクールカウンセラー」の必要性が出てきたのである。
    教師は主に教科指導や、生徒指導、進路指導等の活動を通じ子供達の抱える問題に対処するが、子供達の抱える問題が複雑化してくると、その中だけでは問題の解決は難しい。その子供達が抱えている悩みや問題に気が付き、それに対し様々な方法を使って援助していくというカウンセリング的な対応が必要になるという事である。
    スクールカウンセラーは、主に週一、二回学校に行く。そこでは、専門的なスキルを用いて子供達の悩みを聞き、問題解決の援助をすることは勿論、その他にもいろいろなメリットを生むことができる。
    1つには、子供達だけでなく、教師自身の悩みに対するカウンセリングや、生徒、保護者への関わりについて、教師の相談に乗り、指導・助言をするコンサルテーションがある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「臨床心理士など学校外のスクーリングカウンセラーが行なう学校カウンセリングの意義と効用等についてまとめ、それに対するあなたの考え、意見も述べなさい。」
     今日学校では、「不登校児の増加」、「いじめの問題」、「非行などの問題行動」などの、悩みを抱えている。個々に悩みを抱えている子供達も年々増えつづけ、その問題も複雑化してきている。そうしたことから、問題行動などに対して、教師だけでは解決しきれなくなっている現状がある。
     そこで、「臨床心理士」などカウンセリングの専門的な知識を持った人がこれらの問題に取り組む、「スクールカウンセラー」の必要性が出てきたのである。
     教師は主に教科指導や、生徒指導、..

    コメント4件

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/08 10:06 (10年3ヶ月前)

    57030332ok 購入
    よく出来ていました
    2006/11/13 16:40 (10年1ヶ月前)

    nagabuti 購入
    good
    2007/01/22 22:34 (9年10ヶ月前)

    labra_m 購入
    大変参考になりました。ありがとうございました。
    2007/08/04 15:46 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。