医療倫理学 まとめ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,692
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本倫理社会心理介護医療家族問題脳死安楽死

    代表キーワード

    医療倫理学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、倫理学
    生命倫理の基礎概念 自律・正義・危機回避・恩恵
    法律と倫理の違い…倫理は自発的な意思やあり方を、法はルールの遵守という行為を重視する。
    死生学はなぜ人気のある科目か…死への神秘への興味
    2、医療の死 テキスト「医療倫理の扉」
    自分の死との関係・・・1人称の死(わたしの死)自分自身の死
               2人称の死(あなたの死)愛する家族や恋人の死
               3人称の死(第三者の死)親しくない関係の死
               2.5人称の死 患者さんや恩師など
    3、4、緩和ケア、ホスピス テキスト「医療倫理の扉」
    ホスピスの形態…院内病棟型・院内独立型・完全独立型・在宅型
            デイホスピス・ナイトホスピス・ショートステイ
    2006年~介護施設での看取り加算がつく
    がんの痛みはトータルペインとして、身体的・心理的・社会的・スピリチュアルに行う。
      身体的…モルヒネの徐放剤(MSコンチン、ファンタニールパッチ座薬、持続皮下注入)
      心理的…患者は特に焦っている
      社会的…子供を残す。社会
      スピリチュアル…ホスピスでは死んだらどうなるか重視
    ケア..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。