看護実習記録 硬膜下血腫術後で意識障害、右半身麻痺のある患者のシャワー浴介助

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数4,360
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       実習記録の項目
       実習目標…右・左急性硬膜下血腫術後で意識障害、右半身麻痺~
    計画項目(行動計画) …午前 午後~
    実施項目…午前 午後~
    実施項目…シャワー浴介助・見学(入浴介助にも準ずる)~
    情報…40代男性、右・左急性硬膜下血腫術後
    水頭症にてシャント術を行う~
    目的…①皮膚を清潔にし気分を爽快にする。②血液の循環をよ~
    留意点…①意識障害、右半身麻痺があり、転倒のリスクが高い~
    必要物品…入浴用車椅子、バスタオル2枚、フェイスタオル1~
    実施…実施内容 患者の反応 看護者の気付き
       ①看護師による事前の吸引を見学した。②オムツ内多量~
    記録・報告…15:30 シャワー浴介..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。