看護実習記録 頬骨骨折患者の手術見学と末梢神経麻痺の予防

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,799
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       実習記録の項目
       実習目標…仰臥位で頬骨骨折整復術を受ける患者に呼吸状態、循環動態~
    計画項目(行動計画) …午前 午後~
    実施項目…午前 午後~
    実施項目…頬骨骨折患者の手術見学~
    情報…成人期、男性、右頬骨骨折、顔面のしびれあり、全身麻酔(静脈~
    目的…看護の目的…医療スタッフと連携し円滑で安全安楽な手術を受け~
    留意点…①顔面を強打していることが考えられるので、脳神経症状の有~
    必要物品…カルテ、術中記録用紙、ワゴン、筆記用具、モニタ、除圧具~
    実施…実施内容 患者の反応 看護者の気付き
       ①搬入し手術台に移乗された。②モニタ類をとりつけ全身麻酔を~
    記録・報告…~9:10..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。