高血圧のリスク(心臓、脳、腎臓、目への影響)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,079
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心臓への影響 
    高血圧があると末梢血管抵抗が増し,心臓の仕事量が増加する。その結果,心肥大や心不全をおこす。また高血圧があると冠状動脈硬化をおこしやすく,狭心症や心筋梗塞をおこす。
    脳への影響 
    高血圧は脳動脈に対しても動脈硬化の変化をおこす。大脳動脈など比較的太い動脈には,コレステロールなどの脂肪が沈着して,その内腔が狭くなると脳の血流障害があらわれ,閉塞をおこすと脳梗塞があらわれる。
    脳の内部の比較的細い動脈では,高血圧があると,血管壊死や動脈痛をつくり,これが破れて脳出血をおこす。
    大きな脳梗塞や脳出血では,意識も消失し,片麻痺などがあらわれる。小さい脳梗塞や脳出血の場合には,短時間の間..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。