産褥・乳児の看護診断19項目 25ページ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数25
閲覧数7,774
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    看護診断の項目

    非効果的母乳栄養
    母乳栄養中断
    家族機能障害のリスク状態
    急性疼痛
    感染リスク状態
    便秘
    睡眠パターン混乱
    活動耐性低下
    排尿障害 
    ボディーイメージの混乱   
    知識不足       
    不安     
    ペアレンティング障害 
    安楽の変調  
    体液量不足もリスク状態
    呼吸機能障害リスク状態  
    体温平衡異常リスク状態   
    皮膚統合性障害    
    感染リスク状態      



    非効果的母乳栄養
    定義 
    母親またはその乳幼児が、母乳栄養を実施する過程で不満や困難を感じている状態、またはその危険性が高い状態。
    必須データ 
    ・授乳後1時間以内に乳児がぐずったり、泣いたりする。
    ・乳児が乳房に吸い付かず、弓なりになったリ、泣きわめいたりする。
    ・排便、排尿回数が少ない
    ・体重の増加が不良である
    ・不適切な母乳産生またはそう認識していること。
    ・乳児が正しく母親の乳房に吸い付けない。
    ・オキシトシンが分泌されている徴候がない。
    ・乳児の母乳摂取が不適当である徴候がみられる。
    ・乳房での授乳を維持できない。
    ・母乳栄養開始後、1週間以上経過しても乳頭が痛い。
    根拠
    ①陥没乳頭、扁平乳頭による乳頭吸着不適切
    ②初乳は粘調度が高く乾燥して乳頭の表面を覆うので放置すると乳頭亀裂の原因となる
    ③母乳分泌不足
    ④乳頭の含ませ方の歪み(不慣れ)
    ⑤乳児の異常や未熟児の吸啜行動の問題
    (哺乳反射は,探索反射・捕捉反射・吸啜反射の3つの反射で構成され,すべて原始反射)
    ⑥乳児の哺乳意欲のなさ
    ⑦乳房の緊満などの不快感
    (褥婦は、出産後,乳汁分泌の機能が開始され,乳房への血流の増加・乳

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    非効果的母乳栄養
    定義 
    母親またはその乳幼児が、母乳栄養を実施する過程で不満や困難を感じている状態、またはその危険性が高い状態。
    必須データ 
    ・授乳後1時間以内に乳児がぐずったり、泣いたりする。
    ・乳児が乳房に吸い付かず、弓なりになったリ、泣きわめいたりする。
    ・排便、排尿回数が少ない
    ・体重の増加が不良である
    ・不適切な母乳産生またはそう認識していること。
    ・乳児が正しく母親の乳房に吸い付けない。
    ・オキシトシンが分泌されている徴候がない。
    ・乳児の母乳摂取が不適当である徴候がみられる。
    ・乳房での授乳を維持できない。
    ・母乳栄養開始後、1週間以上経過しても乳頭が痛い。
    根拠
    ①陥没乳頭、扁平乳頭による乳頭吸着不適切
    ②初乳は粘調度が高く乾燥して乳頭の表面を覆うので放置すると乳頭亀裂の原因となる
    ③母乳分泌不足
    ④乳頭の含ませ方の歪み(不慣れ)
    ⑤乳児の異常や未熟児の吸啜行動の問題
    (哺乳反射は,探索反射・捕捉反射・吸啜反射の3つの反射で構成され,すべて原始反射)
    ⑥乳児の哺乳意欲のなさ
    ⑦乳房の緊満などの不快感
    (褥婦は、出産後,乳汁分泌の機能が開始され,乳房への血流の増加・乳..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。