糖尿病レポート 5ページ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,409
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    糖尿病◇
    糖尿病はインスリンの作用不足による慢性の高血糖を主徴とし、全身の代謝異常をきたす疾患郡であると定義されている。
    高血糖状態が続くと、全身の臓器に様々な合併症を引き起こす、失明、尿毒症(血液透析)心筋梗塞、脳梗塞、壊疽など、進行した糖尿病の合併症はいずれも悲惨な事態になる。
    糖尿病の病態に関係する最も重要な部分は、膵B細胞、肝細胞および骨格筋であり、肥満を伴う糖尿病では脂肪細胞も関係してくる。
    膵臓の大部分は消化酵素を分泌する外部組織であるが、その間にはインスリン、グルカゴン、ソフトスタチンなどのホルモンを分泌する内分泌細胞の集まった組織(ランゲルハンス島)も点在している。この膵臓を構成する細胞の一種でインスリンを合成、分泌しているB細胞の動きが低下することが、糖尿病が発生する最大の原因である。
    肝細胞や骨格筋がインスリンに正常に反応しないことも糖尿病の発症につながる。
    これがインスリン抵抗性である。
    糖尿病の種類◇
    ・1型糖尿病 
    インスリンを分泌する膵B細胞が破壊され、インスリンがほとんど出なくなる。
    A自己免疫性
     膵B細胞内の何らかの抵抗を、免疫細胞(T細胞)が攻撃する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。