心臓カテーテル法、検査前後の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,213
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心臓カテーテル法
    心臓カテーテル法は心臓内または心臓付近までカテーテルを挿入し、それぞれの場所の内圧測定や血管造影を行う検査である。この検査法を利用して虚血性心疾患のときにはカテーテルを用いて侵襲敵に冠動脈の狭窄病変を開大する血行再建法が行われる。
    右心カテーテル法
    穿刺部位:大腿静脈、上腕の尺骨静脈
    右心房→右心室→肺動脈の順で進め、各部位の血液ガスや内圧測定を行う。
    体位は仰臥位で行う。胸部不快感や気分不快感があるときは訴えるよう説明する。
    適応:心筋梗塞、心臓手術後の循環動態の評価目的に行う。
    左心カテーテル法
    穿刺部位:大腿動脈、上腕動脈、橈骨動脈
    大動脈弁の機能、僧帽弁の機能、左心機..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。