肝硬変患者の看護、観察ポイント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数4,622
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護医療医学看護学

    代表キーワード

    看護看護学肝硬変患者

    資料紹介

    肝硬変患者の看護
    肝臓の慢性疾患が不可逆的な進行性病変を伴い、肝実質細胞のび慢性の破壊と再生が起

    観察ポイント

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    肝硬変患者の看護
    肝臓の慢性疾患が不可逆的な進行性病変を伴い、肝実質細胞のび慢性の破壊と再生が起こるもので肝癌へ移行する割合も多い
    食欲不振、倦怠感、腹部膨満、腹痛、排便異常、体重減少などが現れ、病状が進むと、黄疸、浮腫、腹水、発熱、門脈圧亢進症を伴う。
    観察ポイント
    全身状態:倦怠感、易疲労感、発熱、脱水症状
    皮膚症状:黄疸、クモ状血管種、女性化乳房、皮下出血斑、掻痒感
    消化器症状:食欲不振、悪心、嘔吐、腹部膨満感、排便状態(便秘、下痢)、腹痛、吐血、下血、脱水症状
    門脈圧亢進症状:側副血行未路の拡張、腹壁静脈怒張、脾腫、皮下出血、下肢浮腫、食道静脈瘤、腹水、肝性昏睡の徴候、排尿の変調

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。