小児の発達段階(幼児期)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数14,496
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    小児の発達段階(幼児期)

    1.概観

    幼児期は、ほぼ3歳ごろから始まり、6歳ころまで続く時期で、就学前児童期ともよばれる。幼児期の子供は、自制心がかなりでき上がり、遊びの技能も優れたかたちとなる。他の人々を観察し、模倣力も十分に育ってくる。また空想生活が豊かになるとともに、学習能力も向上し始めることが、特徴としてあげられる。この時期には、子供は積極性と自制心の間で、葛藤を経験することになる。子供は、自分のニードを満たそうとして、主導的積極的にふるまうが、やりすぎて罪責を感・・・

    2.発達課題・・・6項目

    3.看護ケアの指針・・・5項目

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児の発達段階(幼児期)
    1.概観
    幼児期は、ほぼ3歳ごろから始まり、6歳ころまで続く時期で、就学前児童期ともよばれる。幼児期の子供は、自制心がかなりでき上がり、遊びの技能も優れたかたちとなる。他の人々を観察し、模倣力も十分に育ってくる。また空想生活が豊かになるとともに、学習能力も向上し始めることが、特徴としてあげられる。この時期には、子供は積極性と自制心の間で、葛藤を経験することになる。子供は、自分のニードを満たそうとして、主導的積極的にふるまうが、やりすぎて罪責を感じることがままある。
    精神分析的な人間発達理論では、幼児期は男根気またはエディプス期と称され、小児性欲の発達が完結するときと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。