小児の発達段階(乳児期)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,717
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児の発達段階(乳児期)
    1.概観
    乳児期(infancy)とは、子どもの誕生から自立し歩行できるようになる15ヵ月ころまでの間をいう。この時期の特徴は、身体構造面の成長と運動機能の発達とが著しいだけでなく、基本的な感情の表現能力もまた発達する。乳児は、生後1年余りの間に母親との依存関係を作り上げていかなければいけない。乳児期の母子関係は、共生的(symbiotic)で相補的な依存関係であり、このような関係をとおしてのみ、子どもの成長と発達が促される。母子関係を基盤として、子どもは自分についての感情や見方(自己観や自己観念)、人間観、世界観を形成する。母子の間に満足のいく関係が続けば、乳児に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。