小児の心臓カテーテル法前後の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,450
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児の心臓カテーテル法前後の看護
    目的
    末梢血管より心臓大血管内にカテーテルを進めて各部位の採血、内圧測定、造影、生検などを行ない、心血管系の循環動態や形態学的異常を評価する。また、バルーンにより、心房中隔欠損作成術や弁血管形成術などの治療も行なう。
    適応
    先天性心疾患、肺動脈狭窄症や大動脈狭窄症術後の再狭窄、心臓手術後の評価、MCLS(川崎病)後の動脈瘤などの患者
    禁忌
    高熱などの感染状態が強度の患者
    必要物品
    血管撮影室へ持参するもの
    カルテ、三測表、レントゲンフィルム、心電図、レントゲン造影伝票、IDカード、検査患者連絡表、血液型リストバンド、圧迫帯(LL,L,M,S)、酸素マスク、酸素ボンベ 、薬品(入眠剤、静穏剤、呼吸促進剤、不整脈治療剤など:ドルミカム、ペンタジン、アネキセート、硫酸プロタミン、ナロキソン、インデラル、メイロン)
    必要時血管撮影室へ持参するもの
    アイスタット一式、挿管セット、アンビューバック、サチュレーションモニター、おむつ、乳首、塩酸モルヒネ、MAP(輸血部にて待機)
    方法
    事前の準備
    心カテ前のオリエンテーション  絶飲食、前投薬の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。