小児看護レポート (小児に関わる看護師のあり方)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数3,403
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児に関わる看護師のあり方
    診察・検査・処置がなぜ必要なのか?小児ではその必要性を「理解する」ということが容易ではないと思う。そのために不安や恐怖、苦痛の感じ方は私たち成人以上に強いだろう。そのために人形やテレビのキャラクターなどを用いてあやしたり、「頑張ったね」と褒めたりすることで不安や恐怖、苦痛の緩和を図る。また、小児では月齢が低いほどコミュニケーション能力が未成熟なため、不快症状や自分の訴えを正確に伝えることが難しい。そのため看護師にとって情報収集や対象のニーズを把握するのがより困難になる。小児の言葉による訴えに頼ることはできないため、目で見て、手で触れ、頭で考え、まさに五感を使った観察..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。