自律神経障害に伴う便秘の看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,897
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自律神経障害に伴う消化管の蠕動低下に関連した排泄の変調:便秘
    S
    直腸充満感,直腸圧迫感の訴え便秘、
    O
    □排便時のいきみおよび疼痛便秘、
    □排便の有無,回数,硬便,腸蠕動音,腹部膨満感便秘、
    アセスメント
    ・自律神経障害により腸蠕動の低下が起こり,便秘傾向となることがある
    ・入院による環境の変化から,便秘傾向となることもある
    ・食生活や活動の低下により,症状悪化させている恐れもあり生活習慣の見直しも必要である
    【目標】
    ・排便コントロールができる
    0-P
    ①排便状態(回数,性状,量)便秘、
    ②消化器症状(腹部膨満感,不快感,食欲不振,嘔気,嘔吐、蠕動音)便秘、
    ③全身症状(腹痛,頭痛,精神的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。