子宮復古状態の観察と根拠

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数6,612
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子宮復古状態の観察
    産後日数(産後何日目か)
    分娩状況(多胎分娩、羊水過多、子宮筋腫合併の有無)
    子宮底の高さ、硬さ
    悪露の(量、色、混入物、異臭の有無、ナプキンのサイズ)
    排尿回数
    排便回数(便秘の有無)
    疼痛の有無・程度(後陣痛)
    疼痛の程度(陰部切開痛・その他)
    安静状況
    活動状況
    疲労感の有無・言動
    授乳状況 回数(乳房・乳首の状態も含める)
    貧血(Hb、Ht、赤血球)
    子宮復古状態の観察と根拠
    産後日数
    多胎分娩、羊水過多、子宮筋腫合併
    子宮の増大
    悪露の停滞 (量、色、混入物、異臭の有無、ナプキンのサイズ)
    悪露は産褥期に性器から排出される分泌物をいうが,子宮体部内腔と産道の創面か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。