子宮組織検査②試験切除(パンチ)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数822
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子宮組織検査②試験切除(パンチ)
    目的
    子宮腟部、頚管下部、腟、外陰部にびらん、潰瘍、腫瘤がある場合、その部分の組織を一部切除し、組織学的に診断する方法である。しばしば用いられるのは、子宮腟部にびらんがある場合、それが癌であるか否かを鑑別する場合である。
    必要物品
    婦人科器械セット1(桜井式腟鏡1、子宮ゾンデ1、摂子2、マルチン単鉤鉗子1)、試験切除器1、さばきガーゼ1、一半クロール綿球、腟綿球2~3、滅菌手袋1、滅菌金属シャーレ1、アルト、0.025%ハイアミン液、標本ビン、10%ホルマリン液、生理食塩水、ヨードホルムガーゼ、クーパー1
    方法
    患者に診察台で載石位をとってもらう。下半..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。