在宅看護学レポート 事前学習 5ページ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数4,986
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    在宅看護学レポート

    在宅看護サービスは社会的な数々の要因により期待が高まりつつある。在宅療養は、患者のニードを全て満たすというものではなく、多くの利点をもちながら限界も併せ持つという特性がある。在宅看護は、生活の質を維持するだけでなく、自立支援の実現を目標に社会資源を有効活用する 日常生活における看護を提供することが目的だといえる

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    在宅看護の特性
    在宅看護は社会の様々な要因によって期待は高まっている。しかし、在宅療養は人々の要求を全て満たせるものではなく、多くの利点とともに限界も併せ持っている。在宅看護は生活の質を維持し、自立支援するために社会資源を用いながら 生活の場における看護を提供していくことが目的といえる
    在宅療養者と家族の価値観を優先、自己決定支援
    在宅療養者の権利擁護
    ケアマネジメント能力
    単独の看護判断に伴う責任
    効果的な施設利用への援助
    医療機関と同レベルの援助ケア
    在宅看護の対象
    地域で疾病や障害をもちながら生活をしている人と生活自立が困難で支援を要する人およびその家族
    在宅療養の利点
    1、家族や社会との関わりを持ちながら生活できる。
    これまで培ってきた家族や社会とのかかわりを保ちながら療養でき、それらの人々との関わりの中で、自己の役割を果たし、自己の存在を確認することが可能になる。
    2、自己決定のもとに自分のペースで生活できる。
    病院や施設とはことなり、あくまでも療養者、家族が主体である。
    在宅療養の限界
    1、急変時の対応が完全ではない
    入院中とは異なり対応に時間的な遅れがある
    2、家族に負担..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。