採血(静脈血、薬物血中濃度)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数10,320
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    薬物測定治療安全方法目的神経時間内容個人看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    採血(静脈血、薬物血中濃度)
    静脈血採血
    目的
    血液の成分を調べることにより、健康状態の判断、疾病の診断、治療方針の決定、症状の程度や治療効果の判定を行う際の資料にする。
    予測される危険性
    採血針刺入部位の感染、採血針による神経損傷、抜針後の出血
    採血針や血液による看護婦自身への感染
    必要物品
    駆血帯、駆血帯枕(肘枕)、アルコールワッテ、採血針(21G、22G)、採血ホルダー、目的に応じた採血管、採血管立て、絆創膏、乾綿、廃棄用ボトル、処置用シーツ、トレー、以上を採血セットとする。他に、必要に応じ、採血量に応じた注射器、注射針(21G、22G)、翼状針
    方法
    1.準備
    検査用採血管は、検査内容に適したものを準備しラベルを確認し貼付する。
    検査内容によって、採血時間や採血後の検体の取り扱いに注意を必要とするものがあるので確認する。
    検査内容によって、事前の準備(絶食や安静など)が必要な場合は、必ず説明し理解と協力を得る。
    2.採血
    採血する患者であることを確認する。その上で、患者に採血の目的、方法を説明し協力を得る。患者には、採血しやすい体位をとってもらい採血部位を広げ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。