佐伯眼帯の装着方法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,388
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    方法眼帯看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    佐伯眼帯の装着方法
    目的
    浸出液や出血で汚染しないようにする。
    外部の刺激(埃、菌等)から眼を保護する。
    外部からの圧迫を防ぎ、眼球を保護する。
    必要物品
    裸佐伯眼帯、ガーゼ佐伯眼帯、3Mテープ
    方法
    佐伯眼帯を眼窩上骨と頬骨部に当て、眼瞼を圧迫しないようにテープで固定する。
    テープは前頭部から頬部にかけて固定する。
    注意事項
    裸佐伯眼帯使用時は、視野を遮らないようにテープを貼る。
    眼帯が外れかかってないか適宜確認する。
    眼症状(特に流涙)が多く見られる場合は眼帯の下に16折りガーゼをあてる。
    皮膚の弱い患者はテープかぶれを起こすことがあるため、テープの固定位置、テープの長..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。