腰椎穿刺

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数8,519
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    障害看護測定方法変化治療神経意識不安呼吸看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    腰椎穿刺
    目的
    中枢神経系疾患の診断および治療方針の確定
    検体としての髄液採取と髄液圧の測定
    新旧頭蓋内出血の有無の確認
    髄液を除去し、脳脊髄圧を下げる
    薬剤注入(IT:intrathecal injection)
    適応
    髄膜炎、白血病、水頭症
    禁忌
    頭蓋内圧亢進症状のある場合
    穿刺部位に創感染のある場合
    予測される危険性
    誤穿刺による神経損傷
    脳ヘルニアによる意識障害・呼吸麻痺
    薬剤によるアナフィラキシーショック
    髄圧の亢進(頭痛・嘔気・嘔吐)
    穿刺部位の出血、髄液の漏れ、疼痛、腰痛、下肢のしびれ、麻痺、歩行障害
    正常な髄液の性状・圧
    無色透明
    *髄液の混濁は化膿性髄膜炎などの感染を示し、髄液の血性は脳挫傷、くも膜下出血、穿刺時出血を示す
     髄液圧70~80㎜H2O
    *髄液の抜きすぎは、脳ヘルニアを起こしやすい
    必要物品
    ワゴン、小デッキ1枚、三方活栓付ルンバール針1本(21~23G)、エクステンションチューブ(X-1;1本)、定規(圧測定用)、滅菌スピッツ3本、皮膚消毒薬(イソジン、ハイポアルコール)、滅菌ガーゼ(8つ折)、圧迫ガーゼ(コロ)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。