光線力学的治1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数213
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境援助テレビ治療レーザー看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    光線力学的治療 (PDT:Photodynamic Therapy)
    目的
    胃の腫瘍に親和性のある光感受性物質(PHE)を投与し、2~3日後にその吸収波長に応じたレーザー光(PDT)を照射して、組織内で活性酸素を発生し、腫瘍細胞を選択的に破壊して癌の治療を行う。
    対象
    早期胃癌で内視鏡的粘膜切除術(EMR)の効果が及ばないSM癌、M癌に対して行う。
    ある程度進行した胃癌の腫瘍縮小に対して行う。
    高齢者で手術適応外である胃癌患者に対して行う。
    予測される危険性
    光感受性物質投与に伴う一過性の全身光過敏状態(皮膚紅斑、皮膚色素沈着) PDT後に形成される胃潰瘍からの出血
    適応年齢が高齢であること、遮光環境下に伴う活動範囲の縮小からの精神的抑鬱状態、筋力低下
    必要物品
    PHE(フォトフリン)投与時:PHE(75mg/バイアル) 5%注射用ブドウ糖溶液
    PHE1バイアルあたり30mlのブドウ糖溶液を2.0mg/kgを静注する。
    レーザー治療時:入院カルテ、IDカード、指示された薬品
    方法
    事前の準備
    PHE注射前日に個室に収容し、病室の遮光環境を設定する。室内の遮光カーテ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。