呼吸器合併症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数5,573
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    呼吸影響合併喫煙変化血圧方法肥満仕事理解看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    呼吸器合併症
    術前DP
    喫煙歴の有無
    BMI
    年齢
    %VC、FEV
    手術方法
    手術中体位
    全身麻酔
    痰の有無
    痰の性状・色・量・粘調度
    肺副雑音の有無
    呼吸状態
    ・呼吸音(air入り・左右差)・呼吸回数・呼吸パターン(異常呼吸・胸郭の動き)
    SPO2,Hb、赤血球
    血圧、脈拍、体温
    術前訓練の有無と理解力(喀痰喀出、深呼吸、早期離床)
    術後DP
    痰の有無
    痰の性状・色・量
    肺音
    呼吸状態
    ・呼吸音(air入り・左右差)
    ・呼吸回数
    呼吸パターン(異常呼吸・胸郭の動き)
    疼痛の強さ
    疼痛コントロールの薬剤の有無
    喀痰が自分でできているか
    SPO2,Hb、赤血球
    チアノーゼの有無
    血圧、脈拍、体温
    酸素療法が正しく行なわれているか(流量、チューブのねじれ)
    炎症データ(CRP、白血球)
    口腔内乾燥の有無
    呼吸器合併症  根拠
    術前DP
    喫煙歴の有無
    喫煙は、長期的には肺実質へ肺気腫のような不可逆的な変化をもたらします。この変化は禁煙によっては改善しません。喫煙により、気道粘膜の繊毛運動の低下や末梢気道の機能低下、気道内分泌物の増加がみられるとされており、術前8週以上の禁煙が必要です。
    BM..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。