ペッサリー挿入

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数10,429
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    指導方法生活看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペッサリー挿入
    目的
    子宮下垂に適応され、ペッサリーを恥骨結合後縁と後腟円蓋の間に装着して、子宮頚部を正常の位置に固定する。
    必要物品
    子宮脱用ペッサリー(サイズは医師の指示に従う)、ゴム手袋、
    方法
    医師は患者に治療内容・方法について説明を行い、理解を得る。         
    患者には排尿後、診察台で載石位をとってもらう。下半身はバスタオルで覆い、羞恥心・プライバシーへの配慮を行う。
    処置中は口呼吸を指導し、身体の緊張をとるように常に声かけをする。
    医師はゴム手袋を装着し、ペッサリーを子宮頚部に固定する。
    挿入後は、疼痛・異物感の有無を確認し、外陰部の清拭を行う。
    注意事項..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。