フレーム運動

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,321
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    運動方法目的看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    フレーム運動
    目的
    膝関節、股関節の拘縮の予防と改善。
    上肢の筋力強化訓練。
    日常生活行動、移動動作の補助。
    対象
    膝関節、股関節拘縮、下肢麻痺、上肢の筋力低下のある患者。
    両下肢イリザロフ創外固定器挿入患者。
    合併症
    フレーム脱落による外傷
     
    必要物品
    フレーム器具一式、ロープ(できれば写真、または絵で掲載したい)、タオル4枚
    方法
     事前の準備
    患者にフレーム運動の必要性と使用方法を説明する。
     実施時の方法
    目的に応じてフレームを組み立てる。  (写真×2または3枚:膝、股関節、麻痺の患者用とモンキーバーつき+移動動作用)
    フレームのネジの緩みがないか点検する。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。