パンフレット「術後合併症を防ぐためのパンフレット」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数4,338
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    パンフレット「術後合併症を防ぐためのパンフレット」
    目的
    胸腹部手術患者の術後無気肺、肺炎の予防
    対象と対象とする時期
    消化器外科の手術を受けられる患者
    以外にも術後無気肺、肺炎になる可能性が高いと予測される患者
    1週間前から開始し、術後肺合併症の危険から回避されるまで
    主な内容
    肺合併症の説明
    以下の予防訓練   禁煙、呼吸練習、咳の練習、吸入療法、運動療法
    術後合併症を防ぐためのパンフレット
    この本はあなたが手術を受けられた後、早く回復して退院するのに手助けとなるものです。 手術中に使われる麻酔薬や手術後寝ていることによって、あなたの肺に合併症が起こる恐れがあります。
    肺合併症とは?
    咳:肺が十分にふくらまないために痰がたまって生じます。
    発熱:痰がたまったり、痰にばい菌が繁殖して生じます。
    肺炎:上の二つが合わさって生じます。
    なぜこのような合併症が起きるのでしょうか?
    手術後は麻酔薬や痛み止めの薬の服用によって、血行が悪くなって、呼吸も浅くなって、肺に痰がたまりやすくなります。
    普段からタバコを吸っている人やすでに肺がいくらかでも悪くなっている人には、こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。