パンフレット「顔面麻痺のしおり」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数543
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    パンフレット「顔面麻痺のしおり」
    目的
    顔面麻痺のある患者さんに、麻痺により出現する症状を理解してもらい、その症状の軽減をはかるための予防方法を知り、実行してもらえるように導く。
    対象
    鼓室形成術後、耳下腺手術後の顔面麻痺出現時
    外傷後の顔面麻痺出現時
    ハント症候群、ベル麻痺etc.
    開始時期
    術後出現の麻痺は、創部治癒状況に応じて、医師に確認後開始する
    ハント症候群、ベル麻痺は、症状出現から2週間経ち、炎症症状が治まった時期から開始する。
    内容
    顔面麻痺治療の患者さんへ
    顔面筋回復訓練
    ポイント
    方法を説明しながら、パンフレットに添って顔面の運動を実際に行う。
    麻痺の状況..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。