パンフレット「肝臓の手術を受けられた患者さんへ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,577
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    パンフレット「肝臓の手術を受けられた患者さんへ」
    1.目的
    肝臓の働きが理解できる。
    非代償期の身体症状と早期発見の必要性が理解できる。
    肝切除後における残存肝の変化について理解できる。
    肝庇護に留意した生活習慣の必要性が理解できる。
    2.対象
    肝庇護について指導の必要な患者
    3.時期
    退院1~2週間前
    4.内容
    肝臓の働きについて
    肝臓はからだの一大化学工場
    もの言わぬ我慢強い肝臓の働き
    肝臓の手術を受けた方へ
    肝庇護について
    肝臓を守る生活の仕方(食事・安静・排泄・内服・定期受診)
    5.使用方法・評価方法
    自己の健康管理について関心を持ち、自立できるようパンフレットを用いる。
    退院後の継続医療の必要性を自覚する言葉が聞かれる。
    入院中より肝庇護に留意した生活行動がとれる。
    入院中より確実な服薬行動がとれる。
    6.注意事項
    説明は受け持ち看護婦が行うのを基本とし、看護計画に沿ってチーム全体で指導する。
     
    肝臓の手術を受けられた患者さんへ
     
    1.肝臓はからだの一大化学工場
    私たち人間は、生命を維持していくために、いろいろな食べ物を食べます。食..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。