けいれん性電撃療法(EST:electric shock therapy)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数348
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    問題障害治療看護方法血圧金属呼吸不安薬物看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    けいれん性電撃療法(EST:electric shock therapy)
    目的
    頭部に電流を流すことによって全身性痙攣を起こさせ、治療する方法である。通常5~10回を1クールとして行われることが多い。
    適応
    自殺の可能性が著しく強い場合
    拒食等のため全身状態の悪化が強くなると予想される症例
    通常の薬物療法にて著しい副作用が現れる症例(肝障害など)
    通常の薬物療法にて効果の期待できない場合(遷延性うつ病)
    禁忌
    1.次の場合には絶対に行なわない
    心臓弁膜症・心筋変性・冠状動脈疾患・心のう炎・動脈瘤
    脳血管障害を経過したもの
    悪性高血圧症
    新しい骨折・脱臼
    妊婦
    2.次の場..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。