カテーテル電気焼却法(アブレーション)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,806
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    カテーテル電気焼却法(アブレーション)
    目的
    カテーテルを用いて心筋組織に高周波を通電し、頻脈の原因となる異常興奮発生部位、異常興奮伝導路、又は異常興奮旋回路を焼却し根治する。
    適応
    発作性上室性頻拍(WPW症候群に伴うもの、房室結節二重伝導路に伴うもの)
    異所性心房頻拍
    発作性心房細動
    心房粗動
    心室頻拍
    必要物品
    器材 心カテ(成人)と同じ(デッキクレンメ8本 穴あきデッキ1 造影用器材は必要時準備する)。
    薬品 ヘパリン生食(生食500ml ヘパリン2500単位) ワソラン アデホスL プロタノール 生食100ml 硫酸アトロピン ラボナール 鎮静剤(ドルミカム セルシン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。