オムツ交換

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,639
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    指導項目(オムツ交換)
    目標 到達目標 指導内容 実施日 指導方法・評価方法 オムツ交換が確実に行える Ⅰ.オムツの使用目的が言える
    2.オムツ使用時の注意点が言える
    3.適切なオムツ選択ができる
    4.基本に基いたオムツ交換が行える
        
    5.後片付けができる
    尿意・便意が全くない完全失禁 
    失敗が多く衛生上の問題となっている者
    痴呆や精神症状があり排泄物を   いじってしまう者
    高齢者・衰弱している者
    回復期の一時的使用          
    プライバシーの保護、自尊心を傷つけない様に留意
    陰部・臀部・肛門部の清潔保持
    オムツかぶれ、褥創等、皮膚状態の観察
    速やかに排泄物を除去する等不快症状の軽減
    オムツはずしの可能性の検討
     (自立への援助)       *排尿や排便時間を見計らって尿器、便器を当ててみたり、ポータブルトイレヘの誘導を試みる
    オムツの条件:漏れない、通気性  が良い、体にフィットしている                     
     
    オムツの種類:布オムツ、紙オムツ(テープ付カバー不要タイプ、カバー併用の平板型、失禁パンツ、パッド)等がある
     
    オムツの選択:体型..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。