エコーガイド下肝生検

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,195
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
    エコーガイド下肝生検
     
    目的
    慢性呼吸不全のような、呼吸機能の低下している患者にも、重篤な合併症なく、
    肝臓をエコー下にて観察し、肝組織を採取することができる。
     
    必要物品
      ツルーカット針 点滴(医師の指示に従う) イソジン綿球 消毒セット 
     滅菌のエコープローベと金具(アタッチメント)ろ紙 ホルマリン入り小瓶
     滅菌エコーゼリー 注射器 注射針 キシロカイン 
     必要時バルンカテーテル 腹帯 アイスノン
     
    方法
    1.事前の準備 
    1)朝食軽く可、昼食禁。(午後施行の場合)
    2)排便がなければ、朝浣腸する。
    3)施行前に、排尿を済ませる。
    2.実施
    1)ストレッチャー上に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。